【激白】1億円プレイヤー星咲五奏と元エースが語る、5年前の同棲の真相とは??

Chloe

 

「どうにかして傷つけてやろう。それくらい狂ってた…」

年間一億円プレイヤー Chloeの取締役 星咲五奏。

そんな冬月グループを代表するスタープレイヤーを長年支え続けてきたお客様が

5年前の同棲の真相を激白!!

一時は共に生活をも共にしていたというお二人。

ホストとお客様という枠組みを超えた業界の知られざる一面や、当時の心境などを赤裸々に語ってくれました。

1億年プレイヤー星咲五奏と元エースが今だから語れる、5年前の同棲の真相とは…?

二人の出会い

約1年ぶりの再会となる元エースのCちゃん(仮)と五奏の二人。

そんな二人の出会いは、約5年前に遡ります。

Q 二人の最初の出会いは??


Cちゃん

友達にホストクラブに誘われて写真を見せられて、
絶対この人!って思ったのが五奏で….。
写真指名誰にしますかって言われたけど五奏って言えなくて。 本当は送り指名も違う人にしようとしてたけど、
友達に『絶対五奏にしたほうが良いよ」って言われて送りにしたんだよね(笑)


星咲五奏

俺が抜けたあとに送り五奏で入ったよって言われて、
あれ。何でさっき言ってくれなかったんだろうとは思った(笑)

一番最初の出会いは、Cちゃんが友達に誘われて訪れたホストクラブ。

そこで一目惚れしたのが五奏だったんだとか。


星咲五奏

最初全然売れてなくて、営業とかもしてないのに1週間に3回は来てくれてたよね


Cちゃん

うん、顔が好きだったから…笑

Q 二人の最初の出会いは??


星咲五奏

送り出しの時に、いきなり手を握ってお店をでたのはすごく印象的だった。そういう印象的な面で心動かされる部分があったな。

二人を襲った最初の事件


星咲五奏

その日はイベントで、Cちゃんは来てなくて友達と遊んでるって言ってたんですよ。 そのあと先輩に連れられて行ったバーで、目の前に他のホストとアフターをしてるCちゃんとバッタリ遭遇。
俺が先輩と飲まなきゃいけないって時に、Cちゃんは、他のホストと仲よさそうに「三日月」を歌ってたんだよ笑
正直、お店に来てくれてお金使ってもらってって言うのもあったけど それとはまた別の感情でいいなと思う部分もあったからそれがすごくショックで…

Q 二人の最初の出会いは??


Cちゃん

出会って3ヶ月くらいで、私は好きだったけどやっぱりホストだし、 ただのお客さんなんだって思ってたから…

Cちゃんの中でも、五奏に対する気持ちと、ホストと客という関係性のはざまで葛藤があった時期…


星咲五奏

でもあの事件がきっかけで、二人の距離がぐっと縮まったよね

Cちゃんの行動で、自分の中にある新たな感情に気づくことができた五奏。

ここから二人の距離がさらに縮まっていきます。

垣根を超えた関係へ

ついに付き合うようになった二人。半同棲状態となりついに垣根を超えた関係へと発展していきます。


星咲五奏

バースデー頑張ってディズニー行こうってなって。
ディズニーの予約の取り方とか全然わからなくて…
張り切って、ディズニーのチケットとホテルとパッケージで予約したら全部で30万はかかった笑


Cちゃん

あれは楽しかったよね!

そんな、楽しくささいな思い出もひとつひとつ増えてゆき順調だった二人の関係に、
徐々に暗雲が立ち込めてくるのは、
皮肉にも”No.1 星咲五奏” の始まりからだった。

星咲五奏の始まりと喧嘩


星咲五奏

昇格祭があって、それで昇格してやっとリーダーになれてNo.1になれたのが僕の始まりですね

 

五奏がリーダーへと昇格し、No.1などの上位ランクを獲ったりと人気プレイヤーとしての風格を表すようになっていくに連れ
二人の喧嘩はどんどん増えていき最悪な状況だったんだったとか。

Q.当時の二人の仲は?


星咲五奏

(Cちゃんは)お酒が入った瞬間に別人になる。別人になっていつも怒り出すみたいな…


Cちゃん

それは、日頃の不満があるじゃん! いまだ覚えてる出来事が、五奏と焼肉食べたいねって話をした後に
お客さんとご飯に行くって出かけって行って。
2時間くらいで帰って来て なに食べたの?って聞いたら『焼肉!』って。。笑 泣きながら『一緒に焼肉行くって言ったのに!泣』って言ったら
『お前とはもう一生焼肉食わない』って言われた」

その時の五奏の心境は…?


星咲五奏

確かに焼肉食べたいねって言ってたなって思ったけど、でもお客さんと焼肉行ったことを隠す必要はないじゃないですか。 なのにそれで怒り出すから意味わかんなしみたいな笑


Cちゃん

ショックじゃん!一緒に行くって行ってたのになんでその子と?!って。 …でもそういうくだらないことでよく喧嘩してた。子供だったんだよね

初めて「ホスト 星咲五奏」を怒ったできごと


Cちゃん

これは、バースデーじゃなくてなにかの昇格祭の時だったんだけど、
私がタワーをしたのにNo.1になれなかった時
五奏に『No.1、正直狙ってなかったから別にいいよ』って言われて。
その時、初めてちゃんとホストとしての五奏に怒った気がする


星咲五奏

でも、あれは負け惜しみだよ?

一人の男としても、一人のホストとしても、五奏という人間を愛していたCちゃん。
エースとして五奏を支えるCちゃんが、2回目のバースデーでは総額なんと500万円を一晩で使ったんだとか

 

最高の思い出と立ち込める暗雲

「写真」


星咲五奏

2回目のバースデーで入れてくれた、シャンパンとデコレーションリシャール。あれはめっちゃ感動的だったな

タワーで150万、デコレーションリシャールで350万。一晩で総額500万円を五奏のために捧げたCちゃん。


星咲五奏

バースデーに向けて3ヶ月前から頑張ってくれてて、死ぬほど喧嘩してたよね


Cちゃん

喧嘩したね。何回もやめようかなって。 そっちがピリピリしてるから、こっちもピリピリする。ピリピリが伝染するから、家にいても落ち着かなかった


星咲五奏

その時に、1000万は売る!って言ってて 500万はCちゃんが頑張るって行ってくれたものの、残りの500万どうしようかなって言う状態で…

結果的にはギリギリで1000万を売り上げNo.1の座に輝いた五奏
当時のCちゃんの支えは、五奏にとってとても大きなものだったに違いない。

そんなお互いなくてはならない二人の関係は、徐々にもつれていくことになる。

訪れた別れ

五奏がNO,1を取るほどの大物プレイヤーになるにつれ、
お互いに、徐々に別れを考えるようになってきた二人。

離れることになった一番の原因は、旅行のあるささいな出来事だったと二人が声を揃えて語る。


Cちゃん

旅先のホテルのお風呂の栓の締め方がちょっと特殊で。 『お風呂の栓締めて!』っていう言い方をすごい強い口調で五奏に言っちゃって。 五奏も『なにその言い方』って感じで怒っちゃって…

お互いの不満がパンパンに溜まっていた時でもあり、そのささいな出来事が引き金となって

二人ともが「もうだめなんだな…」と感じたんだとか。


星咲五奏

なんだかんだ、いつも喧嘩しても仲直りしてっていうのを繰り返して お互い一緒にいるっていうのが当たり前になってた。 でも俺からは離れないだろうって変な自信はあって… どんどん喧嘩が過剰になっていってたんですよね


Cちゃん

なんかどうにかして、傷つけてやろうみたいな気持ちがあったかもしれない…

「代表にならなかったら、包丁で刺すね?」

喧嘩を繰り返し、精神的にもおかしくなり始めていた二人。


Cちゃん

最後に約束したのが2年後絶対に代表になるからって言われた時に『代表になれなかった時に何してくれるの?』って言ったら『なんでも夢叶えてあげる。好きにして』って言われたから じゃあ代表にならなかったら、包丁で刺すね」って。 五奏は『わかった、絶対代表になるから』って。 それくらい狂ってた


星咲五奏

たしかに…そんなこともあったよね

当時を振り返って


Cちゃん

共依存みたいなかんじ。 他の子がお金使ったら私に使ってくれる時間がなくなるって思ったら 私がお金使わなきゃ!みたいな。 完全に使命感でしたね


星咲五奏

確かにお互いに相手しかいないと思っているような状態だったよね…


Cちゃん

好きな気持ちが強かったから。中途半端にホストにお金使うんだったら五奏に使った方が自分で納得がいくかなっておもったし こんなに一途にお金使ったりとか一緒にいたのは五奏だけだったから、 好きな気持ちがないとできなかったことだった。 今思うと当時使ってた金額を稼げるかって言われたら 気力が付いていかないと思う

改めて今送るメッセージ

Q.久々の再会を果たした二人が、過去を振り返りお互いに改めて今メッセージを送るとしたら?


星咲五奏

やっぱり自分自身の一番の”きっかけ”になったかなって。 東京へきて右も左もわからない自分に手を差し伸べてくれたのはCちゃんだし 彼女に出会わなければ、僕は売れないまま終わってたんじゃないかって ホスト関係なしで、女性としてちゃんと向き合って付き合ってたわけだし 僕が選んだ女性だから幸せになってもらいたいなと思う。


Cちゃん

一緒にいた時もホストとして胸を張って生きていくって言われたから これからも、もっともっと大きくなっていくんだろうなと思うし、 五奏だったらもっとできると思う。 向上心がとにかく強くて、そんなところが尊敬できる部分でもある。 これからも頑張ってください。

 

一時は、一人の男性と女性として向き合い

ただのお客様とホストの垣根を超えてお互いを必要としてきた二人。

一度離れて、時が経ち、改めて

お互いに対する感謝と尊敬の気持ちがより強くなったのだろう。

 

愛情の果てに、傷つけあいながら築いてきた関係は

今だから語りあえるものなのかもしれない。

彼女の当時の支えがあったからこそ生まれた、一億円プレイヤー星咲五奏は

当時の思い出と、彼女に対する感謝の気持ちを抱え

さらに飛躍していくことだろう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。